Think Forex 総合評価


gwerew オーストラリアのメルボルンに本社を構えるFXブローカーのThinkForexは、安定したサーバー環境で高い約定力を誇っていることが最大の特徴です。レバレッジは最大500倍で、スタンダードアカウントなら1,000通貨からの少額の資金からの取引が可能です。

ThinkForexは、ノーディーリングデスクのSTP/ECNブローカーなので、低スプレッドで約定力の高いダイレクトな取引環境を提供しています。海外業者を利用する時に心配となる日本語サポート体制も、日本人スタッフを用意するなど充実しています。

ThinkForexへの入金方法は、クレジットカード、ネッテラーとマネーブッカーズ(Skrill)の電子決済、銀行電信送金の他にグローバルコレクトによる国内銀行送金に対応しています。グローバルコレクトは、まだ日本ではあまり有名ではありませんが、ここを利用すれば三井住友銀行の国内口座を利用して入金ができるのでとても便利です。すべての送金方法で、ThinkForex側での手数料は一切かかりません。

ThinkForexは、低スプレッドと高い約定力の両方を備えているので、EAやスキャルピング狙いのトレーダーには、とてもよい環境のFXブローカーと言えます。これはノーディーリングデスクのECNならではの特徴です。

そのThinkForexは、日本語への対応も抜かりありません。日本語対応の公式ホームページを用意しているのはもちろんのこと、サポートには日本人スタッフが在籍しているので、日本語による対応をしてもらえます。これは24オプションのような海外highlow業者を利用するにあたってとても大切な要素ですが、ThinkForexなら安心です。

ThinkForexでは現在、スタンダードアカウントとプロアカウント、アルゴアカウント、そしてcTraderアカウントの4つのアカウントを用意しています。すべてのアカウントでノーディーリングデスクですが、スタンダードアカウントはSTP、それ以外のアカウントはECNになっています。

スタンダードアカウントは、初回最低入金額が25,000円相当からで最低取引単位は0.01ロット、取引手数料は無料です。プロアカウントでは初回最低入金額が20万円相当から、アルゴアカウントでは250万円相当からになります。そしてこれら2つのアカウントでは、取引手数料がかかります。cTraderアカウントは、スタンダードアカウントと同じ少ない金額でECNを利用したい人のためのアカウントです。初回最低入金額が25,000円相当からで、取引手数料がかかります。最大レバレッジは、すべての口座で共通の500倍です。

プロアカウントとアルゴアカウントのユーザーには、無料のプライベートサーバーのサービスが用意されていることも、ThinkForexを利用する大きな理由になるでしょう。