Think Forex アカウント


gwerew ThinkForexが用意しているアカウントは、スタンダード、プロ、アルゴ、cTraderの4種類となります。すべてのアカウントがNDD(ノーディーリングデスク)ですが、スタンダードはSTPで、それ以外のアカウントではECNになります。cTraderアカウント以外すべてのアカウントでは、メタトレーダー4(MT4)とウェブトレーダー、そしてiPhoneやアンドロイドの専用アプリを利用することができます。ThinkForexのMT4には、オリジナルのワンクリック決済エクステンションが搭載されているので、使いやすさがさらに向上しています。

ここではアカウントによる違いを挙げていきましょう。

・最低入金額

スタンダードとcTraderアカウントは、2万5千円相当から、プロアカウントでは20万円相当から、アルゴアカウントでは250万円相当からになります。もっと安いところではハイロー.netの5000円というのもあります。取引手数料無料のSTP環境で取引がしたい人はスタンダードアカウント、ECN環境での取引をしたい人は、入金額によってcTraderアカウント、プロアカウント、アルゴアカウントを利用することになります。

・対応通貨

すべての口座で、日本円に対応しています。他には米ドル、豪ドル、NZドル、ユーロ、英ポンド、スイスフランに対応しています。

・レバレッジ

すべての口座において共通の、最大500倍になっています。

・取引ロット

1ロット取引単位は、共通の1.0(100K)です。最小取引単位は、スタンダードとプロ、cTraderアカウントで0.01(1000通貨)からで、アルゴアカウントでは0.1(10,000通貨)からになります。

・取扱い通貨ペア

ThinkForexが用意する商品は、36種類の通貨ペアに加えて、10種類の株価指数、原油、金と銀、プラチナなどの貴金属があります。口座による違いはありません。

・手数料

取引手数料は、アカウントによって違いがあります。STPであるスタンダードアカウントでは、取引手数料は無料です。ECNとなるプロアカウントとcTraderアカウントでは、1回あたり6ユニットの手数料がかかります。アルゴアカウントの手数料は、公開されておらず、資金運用額などで違ってくるようです。

ThinkForexでの、アカウントの選び方は明確です。最初に用意できる投資金が20万円以下の場合は、手数料が無料のSTP環境がよければスタンダードアカウント、手数料を払ってでも、ECNが良ければcTraderアカウントになります。プロアカウントとアルゴアカウントは、最初に用意できる資金額の違いで決まります。