FXの課税


gwerew FXは通貨の売買を銘柄とした金融商品で、投資取引を行って利益を得ていくことを主たる目的としています。そして、このFXで得た収入は課税の対象になります。
近年、FXやバイナリーオプションといった金融商品は、手軽に行える投資取引として人気を博しており、実にたくさんの人が嗜んでいますが、きちんとした収益として扱われるために、これに対して確定申告を行って納税をしなくてはならず、怠った場合は申告漏れや所得調査の通知が来たりすることもあるのです。
まずは、FXなどで利益を上げた場合には、税金を納める必要があるという事をしっかりと覚えておきましょう。

では、どのような条件で確定申告が必要なのでしょうか。もちろん、すべての人のFXでの利益が課税の対象となるわけではありません。
FXでの所得は、分離課税の雑所得という枠に入ります。課税の対象になるのは、「サラリーマンなどで給与があり、その年収の2千万円以下の場合は、20万円を超えるFXなどでの収入があった場合」または「給与などの収入がない場合は、38万円を超えるFXなどの収入があった場合」などになります。
税率は、利益の大きさにかかわらず一律で約20%となっていて、課税対象期間は、毎年の1月1日を開始日、12月31日を終了日として設定されています。


また、FXの収入に対しても必要陽の経費の控除をすることが出来ます。必要な経費としてあげられるものは、FXの勉強のために購入した資料、各種セミナーへの参加費用のほか、FXの取り引きを行うために購入したパソコンなども申請をすることが出来ます。
これらを申請するためには、領収書が必要になりますので必ず取っておく必要があります。

こうして収益から必要経費を差し引き、残った金額に課税がされることになります。また、FXでは収益が必ず出るとは限りません。損失が出てしまうこともあります。この場合はもちろん課税対象にはならず、税金を払う必要もないのですが、FXの場合は3年間繰越控除という制度の対象になっています。

これは、過去3年間の損益を鑑み、その額を控除することが可能になる制度になります。
例えば、1年目で100万円の損失を出した場合にそれを確定申告しておくと、3年間に渡ってその100万円分の利益を控除してくれるのです。
これを利用しないで1年目の100万円の損失をそのままにしておき、次の年に40万円、またその次の年に60万円の利益を出していくと、そのたびに税金がとられるですが、これを申請しておくことで、これらに対しての税金が控除されることになります。


こうした制度もあるために、FXでは確定申告をしておく必要があります。多くの場合、大きな税金を取られるようなこともないと思いますし、とくにこの3年間控除は、FXや投資を始めたばかりの初心者の投資家にとっては、大変に助かる制度になっています。
初めのうちはやはり利益が上がらず、損失が先行することと思います。その損失を鑑みてくれ、利益が乗り始める2年目、3年目の利益に対しての控除までが付けば、その間にFXの体制を整えることもできるのです。
また、確定申告が必要な収益になりますので、先にも出た通りに申告を忘れると通達が来る場合もあります。悪質と判断された場合には、脱税とみなされて、追徴課税などを受ける可能性も考えられますので、特に利益が出た場合には、きちんと申告を行うようにしましょう。